【あおり運転の被害者になったら】~危険運転ドライバーからの対処法~

あおり運転のドライバーに目を付けられた時の対処法

2019年、茨城県の高速道路で起きたあおり運転+殴打事件の犯人の男と、その事件を携帯で撮影していた女が犯人隠避などの疑いで逮捕されました。

しかし、殴打された被害者の方は身体の傷は癒えても心の傷が癒えるには時間がかかると思います。

しっかりと犯人に罪の重さを感じさせる刑罰で罪を償ってほしいと思います。

f:id:asapon-namber9:20190818233124j:image

ただ、今回のケースはあおり運転は確認できたものの事故に繋がっていないため、殴打による執行猶予付きの傷害罪のみ適用の可能性があります。

今後、このような悪質なドライバーによる被害を防ぐためにも厳しい処分を下して欲しいと思います。

リコ
この事件のようなあおり運転の被害にあったらどうしたらいいの?
あーちゃん
あたしもぽん太と安心してドライブに行きたいよ。
あさポン
今回はあおり運転の対処法を紹介します。

あおり運転にあわないように

あおり運転者への罰則の強化とマスコミの報道やドライブレコーダーの普及により、今後このようなあおり運転者は少しずつ減ると予想されますが、それでも完全に無くなることはないでしょう。

あさポン
あおり運転被害にあわないような防衛運転を心がける必要があります。
  • 追越車線の走行は必要最低限
  • 無理な車線変更はしない
  • ゆとりをもった前車との車間距離
  • マナーを心がけた運転

これらをしっかりと守り、理不尽なあおり運転者から目を付けられないようにしましょう。

もしあおり運転の被害者になったら

いかに安全運転ドライバーであっても、何がきっかけであおり運転の被害にあうかわかりません。

あさポン
もし自分があおり運転の被害にあった場合は次の事を心がけましょう。
  • 窓、ドアは絶対に開けない(ロック)
  • 道を譲る
  • 停車させられた場合は、相手と話をせずに警察に連絡する
  • 動画撮影(犯人刺激に注意)

以上を意識して冷静に対処しましょう。

注意説明

スマホ等での撮影は犯人を逆なでする可能性もありますので、やはりドライブレコーダーの設置が効果的だと思います。

まとめ

あおり運転の被害にあった場合は、冷静な判断と対応が求められるます。

そして、映像として犯行記録を残すことが重要です。

もし、今回のあおり運転+殴打事件もドライブレコーダーの映像がなければ世間が注目する事件になっていなかったでしょう。

あさポン
ドライブレコーダーの設置は義務化してもいいかもしれませんね。