ポメラニアンのサマーカットって何が危険なの?【必ず知っておきたいデメリット】

愛犬との生活
ポメラニアンのサマーカットは良くないって聞くけど、何がダメなの?
スッキリして涼しそうなんだけど・・。

  \  その考え、危険です  /

あさポン
今回は愛犬のサマーカットについてのデメリットや危険性についてお話します。

サマーカットとは

 

夏場などで気温が高くなってくる時期に、愛犬が『熱中症』や『夏バテ』しないよう少しでも涼しくなるようにと体毛を短髪にすることをサマーカットと言われています。

ポメラニアンなど体毛の多い犬種がサマーカットされているのをよく見かけます。

あさポン
トリミングの際、トリマーさんに『極限までカットしてあげて』と伝えている飼い主さんもいますが、本当に大丈夫なのでしょうか?

サマーカットはデメリットが多い

ポメは毛がモフモフしてて可愛いけど、真夏に毛皮は辛そうだもんね。
その考えが間違いなのです。
どういうこと?
毛がなくなったからと言ってワンコが涼しさを感じるわけではないからです。

このように勘違いをされている飼い主さんはとても多いのですが、ワンコは毛の量や長さで体感温度が変化することはほとんどありません。したがって、短くしたからといってワンコは涼しさを感じることはありません。

つまり愛犬の熱中症や夏バテ対策にサマーカットでは効果は期待できません。

サマーカットの危険性

  • 皮膚が丸裸

    ワンコの毛はしっかりとした役割をもっています。特に皮膚はとても敏感で傷がつきやすいので皮膚を守る毛は必要です。

  • 直射日光

    皮膚がむき出しになっていて直射日光が当たる事で、毛があるときよりもワンコは暑さを感じていることもあるようです。

  • 夏の虫刺され

    ワンコが大好きな草むらなどからつく害虫から守る毛も必要ですよね。ノミやダニに刺されやすくもなります。

  • 毛質の変化

    元通りの毛質にならない可能性があります。均一に伸びなくなったり毛の色素に差が出てまだらになることも!?

サマーカットのメリットは人間都合ばかり(可愛いとか手入れがしやすい等)のため、ワンコにとってはデメリットの方が多いと認識してください。

犬の熱中症について

ワンコは体の芯の温度(直腸温)が41℃を上回ったときに熱中症と診断されます。

特にワンコは汗をかかない分、人間に比べて体温を下げることが下手なので、夏場などの暑い時期は少しでも室内を涼しくなるようにすることが大切。 

この記事でお話ししたように『サマーカット』では夏バテも熱中症も対策としては効果がありません

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dog.netu_.aicatch-240x135-2.jpg

熱中症の記事に関しては、ハキさんが書かれた上の記事を参考にするのがおすすめです。熱中症の症状や具体的な対策が細かく書かれていてわかりやすいです。

あさポン
私もよく参考にさせてもらっています。

ハキさんとは

ハキブログ

ハキさんは雑記ブロガーであるのですが、実際にポメラニアンと暮らしている愛犬家なので私もよく記事を読ませてもらっています。

このような方におすすめ!

  • 愛犬家
  • 料理好きの方
  • アウトドアな方
  • 副業に興味がある方
  • 色んなジャンルの記事を読みたい方

あさポン
愛犬と暮らしていて気づいたことや、危険だった実体験も書かれているので面白いです。

 

まとめ

f:id:asapon-namber9:20190618070203j:plain

夏の日差し、アスファルトの地熱、熱中症と夏の散歩には注意点がいっぱいです。
サマーカットはさらに犬の体調を崩す要因に成りかねないので、適度にカットしてあげましょう。

あさポン
うちのポメは帽子を被って、日差し対策をして散歩に行きます。