【ポメラニアンの顔は2種類存在する】キツネとタヌキ

愛犬との生活
あさポン
ポメラニアンは2種類の顔あることはご存じですか?
裏表があるってこと?
あさポン
そうではなくて、同じ犬種だけど顔の特徴が正反対なポメラニアンが存在するってこと。

君はキツネ顔? タヌキ顔?

ポメラニアンの顔は大きく2種類に分けることが出来ます。それは『キツネ顔』『タヌキ顔』と呼ばれ、どちらも魅力に溢れ、それぞれにしか無い個性を持っています。

キツネ顔の特徴

  • マズルが長い
  • 耳が大きい
  • 体型も大きくなりがち
美人顔ね!THEポメラニアンって感じ。

タヌキ顔の特徴

  • マズル(鼻から口の部分)が短い
  • 耳が小さい
  • 体型が小さめでコロンとしている
全体的に真ん丸でモフっとして可愛い!

幼少期に予想できるのか

あさポン
この写真はうちの愛犬ポメラニアンぽん太の生後間もない写真です。個人的な感想では、耳も小さくてコロンとしているのでタヌキ顔に成長するのかなと思ってしまいますが・・・。
あさポン
完全にキツネ顔のポメラニアンに成長しました。人間と一緒で成長していく過程で予想を大きく超えてきます。耳も大きくなり、マズルもかなり伸びました。
もともとポメラニアンの祖先でスピッツという犬種がキツネ顔なので、ポメラニアンはキツネ顔に成長していくことが多いです。

最後に

キツネ顔になるか、タヌキ顔になるかは成長してみなければわからず幼少期で判断できません。どうしてもどちらかの顔がいいというのであればその子の親ポメラニアンの顔で判断するのもありかもしれません。

しかし、一緒に暮らしてしまえばタヌキ顔でもキツネ顔でもどちらでもよくなります。成長した頃には大切な家族になっているのですから。