ponta-happyブログ

愛犬ぽん太君の日常とその相棒の奮闘記です(/・ω・)/

【あるルールを作ったら娘が急に勉強するようになった】

娘が自分から進んで勉強するように

 

f:id:asapon-namber9:20190903070139j:image

 

 まいどです(/・ω・)/

 

 今年から中学生になった娘ちゃん。

 

 1学期は部活と勉強の両立を目指して一生懸命がむしゃらに日々過ごしていました。

 

 努力が実り、1年生で公式試合の選手に選ばれ、成績も本人が納得のいく通知簿をもらってきました。

 

 中学デビューは華麗なるスタートを見事に決めたのでした。。

 

 が、しかしっ!!!!

 

 夏休みの生活態度が酷過ぎる(;´・ω・)

 

 あの頑張りはどこに行ってしまったのか・・・

 

 部活以外の時間はテレビに漫画にスマホに・・・

 

 どうしたものか(´・ω・`)

 

 

 そもそも勉強を全くしない子ではないが、エンジンがかかるのが遅いタイプ。。

 ダラダラ過ごした時間を経てから机に向かうんです。

 

 夏休みだから多少時間に余裕があるのでこのような行動になってしまうんですよね。

 

 まだ時間の大切さがわかってないんです(/ω\)

 

 Time i s Money

 

 誰の名言かは知りませんが、社会人になってからこの言葉の深さをひしひしと感じます。

 

 中学生の娘ちゃんにはまだ理解に苦しむ言葉でしょう。

 

 そこで私はあるルールを娘ちゃんのために作りました。

 

お父ちゃん

「ちょっとここに座りなさい(`・ω・´)」

 

娘ちゃん

「え・・何?(なんか怒られるんやろか・・)」

 

お父ちゃん

「勉強のことやねんけど、ルール決めるわ」

 

娘ちゃん

「どんな?(めっちゃ勉強せなあかんやつや・・・)」

 

お父ちゃん

「21時以降は勉強したらあかんルールにしよう」

 

娘ちゃん

「・・ん?勉強したらあかんの?」

 

お父ちゃん

「そう!9時以降は自分が好きなことだけしなさい」

 

娘ちゃん

「わかった!(めっちゃラッキーやん♪)」

 

 

〜後日の娘ちゃんの一日〜

 

7時 起床

 

8時 部活へ

 

13時 部活から帰ってくる

 

13時30分 昼食

 

14時 録画してた連続ドラマを見る

 

16時 漫画を読む

 

17時 スマホをいじいじ

 

18時 夕食

 

19時 テレビ見る

 

20時50分

娘ちゃん

「さっ!そろそろ宿題しよ」

 

お父ちゃん

「あと10分したら勉強終わりやで(`_´)」

 

娘ちゃん

「いやいや、明日宿題の提出日やから(;・∀・)」

 

お父ちゃん

「いやいや、約束したやん」

 

娘ちゃん

「いやいやいや、これだけは終わらせないとやばいから!」

 

お父ちゃん

「いやいやいや、忘れて先生怒られたらええやん」

 

娘ちゃん

「・・・まじで言ってるん?」

 

お父ちゃん

「今の時間しかなかったわけじゃないやろ?」

 

そしてここで決め台詞

「Time i s Moneyやで」

 

娘ちゃん

「それはわからん(´・ω・`)」

 

 

 結局宿題を忘れて学校に行きました。

 

   普段は「〇〇しなさい」と言っていたものを、「〇〇してはいけない」に変えることにより、〇〇が本人にとって大切なものと理解していれば、心理的に『〇〇しなければならない』に変化します。

  

   私がこのルールを作った理由は少しでも時間の有効活用することを意識してほしかったんです。

 時間は永遠ではないし、何が起こるかわからないのだからやるべきことはすぐにやる癖を身につけてほしいのです。

 

 その日以来、勉強とだらだらタイムの時間が入れ替わりました。

 

 中学生の頃の自分が出来ていなかったことを娘ちゃんに求めることは間違っているかもしれませんが、その時のことを後悔しているので言ってしまいます。

 

 ぶちぶち言いながらも、先に勉強する娘ちゃん。。

 

   尊敬するわ(*´Д`)

 

f:id:asapon-namber9:20190903071439j:image

  君も少しは見習いなさい( ̄∇ ̄)