ponta-happyブログ

愛犬ぽん太君の日常とその相棒の奮闘記です(/・ω・)/

【ドライブレコーダー360度タイプってどうなの?】

ドライブレコーダー装着が必須の時代に突入

 

 まいどです(/・ω・)/

 

 


f:id:asapon-namber9:20190901224953j:image

 私はいつか愛犬ぽんた君と車で日本一周の旅ができたらいいなと思っています。

 

 北海道から沖縄まで、いろんな景色をぽんた君に見せて回って、沢山のことを経験させてあげたいのです♪

 

 しかし、最近ドライブに関して不安な点があります。

 

 あおりが多すぎる(´・ω・`)

 

 これは今日本だけではなく世界中で問題になっています。

 

 

www.asapon-namber9.com

 

 

  先日に起きた茨城県の高速道路で起きたあおり運転+殴打事件の犯人の男と、その事件を携帯で撮影していた女の逮捕につながった一番の決め手は被害者の車のドライブレコーダーの映像でした。

 

 特に殴打されている瞬間を映した車内映像がなければ、ここまで世間が注目する事件になっていなかったかもしれません。

 

 なぜ車内まで映ってるの?と疑問に思った方も多いかと思いますが、種類はまだ少ないですが内部まで記録するドライブレコーダーが普及しつつあります。

 

 前方と後方の映像を録画しているドライブレコーダーを装着している車は多いですが、車内の映像まで記録しているものを装着している方はまだまだ少ないのではないでしょうか?

 

 私の車はユピテル製のドライブレコーダーを装着していて、記録したSDカードの映像を見てみると画像も綺麗ですし音声も聞き取りやすいので満足していました。

  ただ内部映像を記録するタイプでなかったため、今回のあおり殴打事件をうけて車内の映像も録画するドライブレコーダーの買い替えを検討しています。

 

 調べてみると最新のドライブレコーダーは知らない間にどんどん進化していました。

 

 

 360度撮影のドライブレコーダーってどうなの?

 最近よく見かける360度撮影するタイプのドライブレコーダー

 なぜ360度も撮影する必要があるかというと、従来のドライブレコーダーを搭載していても、事故の3割は映像の死角で起きてしまうのです。

 運転中360度の撮影が可能ならば、より正確にあおり運転や事故前後の状況を記録できます。

 

  • メリット
     死角がないことが一番の強みです。前方での追突事故や、あおり運転の記録はもちろん、車内での出来事やサイドの映像も記録として残すことができます。
     駐車監視機能が付いているものならなら当て逃げや車上荒らしなども撮影できます。

 

  • デメリット
     前後のみを撮影するタイプに比べて画質が少し落ちます。しかし、画質の向上は以前からユーザーに指摘されていたため、かなり改善されてきました。
     価格も高いです。やはり良い物は値段が上がりますね。 

 

 参考までに(^^♪

 ↓  ↓  ↓

 

f:id:asapon-namber9:20190901225222j:image

 

 まとめ

 昨今のあおり運転の被害は後を絶ちません。そのためにもドライブレコーダー選びは非常に重要になってきます。

 事故や駐車監視を意識するなら360度タイプ

 

 あおり運転を意識するなら前後+車内付き

 

 このように今自分がドライブレコーダーに何を強く求めるかで購入を検討してみてください(`・ω・´)