ponta-happyブログ

愛犬ぽん太君の日常とその相棒の奮闘記です(/・ω・)/

【あいみょん】〜生きていたんだよな〜

命をテーマにした心に響く曲

 

 まいどです(・ω・)ノ

f:id:asapon-namber9:20190824092944j:image

 

 愛犬ぽん太君と家でラジオを聴きながらまったりとした休日を過ごしていました。

 

 ラジオからは最近よく聞く名前、あいみょん特集が流れていました。

 

 

 この3曲しか知らないので他の曲は聞き流していました。

 

 そんな時、一風変わった始まりをする曲が流れます。

 

 

  あいみょん  『生きていたんだよな』

 

  

 この曲はあいみょんのメジャーデビューシングルで、語りから始まりメロディに移っていくのですが、なかなかの衝撃的なセリフで私とぽん太君のまったりタイムが終焉を迎えました。。

 

 

 事実を歌詞に

 この曲の歌詞はあいみょんが自ら命を絶った少女のニュースを観たことがきっかけで生まれた曲です。

 そのニュースを観た2日後にも頭に残っていたことを自然と歌詞にしていったらしい。。

 

 『ポジティブでもネガティブでもなく野次馬を批判しているわけでも、死を否定しているわけでもなく、人によってさまざまな聴き方ができる曲だと思います。できれば、生きてほしいと、私も思っています。でも、他の人の人生を決めつけることも、気持ちがわかるとも言えないんですよね』 

 

 このようにあいみょん命を題材にした曲だからこそ、分かったようなことは歌いたくなかったと言っています。

 

 『精いっぱい生きるのは、もちろんいいことなんですけど、その精いっぱいは何か決まったかたちがあるわけではないと思うんです。結果的に命を絶ってしまうことがその人にとっての精いっぱいなのであれば、それはやはり”精いっぱい”。そして、100歳まで生きるのも、その人にとっての精いっぱいなんだと思います。』

 とも語っていました。

 

 この曲を聴いてから歌詞やメロディーが頭から離れなくなりました。

 

 思春期だった高校生の時は歌詞に共感したり、自分を重ねたりして音楽を聴いていましたが、社会人になってからはこのように曲に入り込んだのは初めてかもしれません。

 

 でもこの曲は2016年発売らしいので

 

 何をいまさら(;´・ω・)

 

 と思っている方も多いでしょう。。

 

 でも知らなかったんで許してください(/_;)

 

f:id:asapon-namber9:20190824155848j:image

 

 ぽんた君も毎日毎日、私たち家族に全力で気持ちを伝えてきます。

 

 ぽんた君の精いっぱいなのでしょう。。

 

 私も精いっぱい生きようと思える曲でした(/・ω・)/