ponta-happyブログ

愛犬ぽん太君の日常とその相棒の奮闘記です(/・ω・)/

【レジンでアニマルアクセサリー】〜夏休みの自由工作~

プラ板とリジンで愛犬を簡単にキーホルダー

 

 

  まいどです( ̄∀ ̄)

 

f:id:asapon-namber9:20190814143624j:image

 娘ちゃんが自由工作のために作った愛犬ぽんた君のキーホルダー。。

 

 なかなかやるやないか(´・ω・)

 

 

 もうお父ちゃんより絵も上手くなって、器用になってきた気がする。。

 

 子供の成長ってはやいなぁ・・

 

 絶対的なお父ちゃんでは無くなってきたなぁ

 

  しかし!ここで諦めてはいけない!!

 

 そもそもプラ板×レジンはお父ちゃんが娘ちゃんに教えたものであり、これは師弟関係である!

 師匠が簡単に弟子に負けるわけにはいかない(`・ω・´)

 

 父「作り方を教えるんだΣ(・ω・ノ)ノ」

 

 娘「しゃーないなぁ(´・ω・`)」

 

 作り方はだいたい想像つくが、間違ってはいけないので教えてもらうことにした。。

 

 ここは意地を張っていても良い作品は生まれないのである(・`д・´)

 

準備するもの

  • プラ板
  • UVライト
  • レジン液
  • 紙やすり
  • 枠になるアクセサリーパーツ

f:id:asapon-namber9:20190814143638j:image

UVライトは嫁ちゃんのマニキュア用のやつを使用。。


f:id:asapon-namber9:20190814143628j:plain

 家にあったクラフトレジン液。。


f:id:asapon-namber9:20190814143631j:image

 楽天で購入したらしいアクセサリーパーツ。。

 

作り方

プラ板を枠の形にカット

 ここが一番難しいポイントでした。

 プラ板が焼きあがった時のサイズがアクセサリーの枠にピッタリ納まるようにカットしなければならないのです。

 お父ちゃんは枠より少し大きめに作って、紙やすりで削ってサイズ調節しました。

 

 

②カットしたプラ板に絵を描く

 正直ここで娘ちゃんと差をつけないと勝てないので必死で描きました。。

 ちなみにお父ちゃんや娘ちゃんのようにプラ板に色鉛筆で絵を描くためには、表面を紙やすりで削って細かい傷をつけなければなりません。(フロストタイプのプラ板であれば削らなくても色鉛筆で描けます)

 

プラ板を焼く

 焼きあがった際、厚めの本で挟むと綺麗に仕上がります。

 プラ板が冷めたら、枠にピッタリ納まるように紙やすりで削ります。

 

④枠にプラ板を納めて、レジンを流し込む

 枠にプラ板を納めて上からレジンを流し込んでいきます。その際に気泡が発生した場合はつまようじなどで取り除きましょう。

 

⑤UVライトでレジンを固める

 片面が固まったらもう片面もレジンを流し込み、UVライトで固めます。

 プラ板にレジンをしっかり流し込まないと空洞が出来てしまいます。

 

⑥仕上げにコーティング

 仕上げに艶出しでコーティング剤を塗る触り心地もよくなり見た目も綺麗になります。

 

 

完成

f:id:asapon-namber9:20190814143643j:image

 

 あえてぽんた君ではなく近所のトイプードルにしました(/・ω・)/

 

 ・・・

 

 差がない・・・(;´・ω・)

 

 それだけ成長したってことか(/ω\)