【愛犬との生活】〜散歩の価値観が変化〜

愛犬との生活

愛犬と一緒なら世界が変わる

あさポン
30歳になって初めてワンコと暮らし始めました、あさポンです。
リコ
ポメラニアンのぽん太と出会った時は、ぽん太がまだ生後半年だったね。

最近よく思うのですが、ぽん太と一緒に暮らし始めてから今まで知ることのなかった世界に足を踏み入れた気がします。

愛犬との散歩

皆さんは休日など時間あるときに散歩に出かけることはありますか?

この30年間生きてきて、私は散歩なんてしたことがありませんでした。

あさポン
何故なら楽しくなさそうだったから。

ただ、ぽん太と散歩をするだけで景色がいつもと全く違ったのです。

そもそも私が外出する時は必ず目的地があるので、その場所に最短最速で一直線に向かいます。

その時に周りの景色なんて視界に入っているだけで全く見ていませんでした。

f:id:asapon-namber9:20190706083646j:image

ぽん太とは決まった散歩コースは作らずに、その日の気分で道を選びます。

何か興味のある物を見つければ足を止め、飽きたら進む。

時間も気にせずブラブラと・・。

リコ
目的地のない散歩はまさに自由ね

あさポン
気温や草花で季節も感じる事も出来るし、何より日光を浴びれるし、この年になって初めて散歩っていいなぁって最近思います。

目を背けていたもの

散歩は良いことばかりの発見ではありませんでした。

目を背けていた、見ないようにしていたかもしれません。

ゴミのポイ捨て

あーちゃん
特にタバコとかガムとか本当に多いよね。
リコ
何で所定の場所に捨てることが出来ないのか不思議。
あさポン
あと愛犬の排泄物・・、何故そのままに出来るの?

全ての人が気持ちよく通行するためには、マナーを1人1人が守るしかありません。

危険な運転ドライバー

リコ
前にぽん太とあさポンは配達の車に轢かれそうになったことがあるよね。
あさポン
あの時は、本当に危なかったよ・・。

【運転技術が未熟ドライバーの増加の原因】~愛犬との散歩に迫る危険~

2019年12月25日
リコ
マフラー(消音機)をしっかりと装着していないバイクも迷惑ね。
あさポン
そんなバイクが横を通ると、騒音でぽん太がびっくりして走り出すから危ないよね。

全ての人が気持ち良く生活出来るように

私は人の捨てたゴミを拾えるほど心の大きな人間ではありません。

放置してあるワンコの排泄物もついでに拾うことも出来ません。

だから私には文句を言う資格もないかもしれません。

ただ、皆さんはこのような体験を経験したことはありませんか?

愛犬と散歩中に他のワンコの排泄物が歩道の真ん中に落ちていたが、次の日に同じ場所を通ると綺麗に片付けられていた。

私も経験があるのですが、これは誰かが皆んなが気持ちよく通行できるよう掃除をしてくれたのだと思います。

本当に立派で、簡単に出来る事ではありません。

あさポン
私もそんな素敵な方々を見習おうと思います。

まとめ

愛犬との散歩は良い発見、悪い発見もありますが私はぽん太との散歩の時間が大好きです。

あさポン
今までの生活+愛犬は世界が変わると思うんで是非皆さんも体験してみてください。

スポンサーリンク