犬のトイレのしつけ方【意外と簡単】

愛犬との生活
簡単な愛犬のトイレのしつけ方を教えてほしい!


その悩み、解決します!


あさポン
今回は愛犬ポメラニアンで実践した『トイレのしつけ方』を紹介します。
 

 

トイレしつけのために試したこと

うちの愛犬ポメラニアンのぽん太はそこそこ頭がいいワンコだったのですが、トイレだけずっと覚えてくれませんでした。

夜間や私たちが家を留守にした時など、長時間ゲージの中に入れておくと必ずトイレ以外の場所でおしっこをしていました。

あさポン
そんなぽん太と行ったトイレトレーニングはこちら

トイレ時に掛け声をかける

  1. 愛犬がトイレに行きたくてソワソワしだしたらトイレの場所に連れて行き「1、2、1、2」でも「ワンツー、ワンツー」でも何でもいいので掛け声をかけてあげる。

  2. ワンコが掛け声を聞くと尿意を促し『この場所でおしっこしてもいいんだ!』という気持ちにさせる事が出来る。

  3. 何度も繰り返すことでトイレの場所を覚えてくれる。

この場合、愛犬の仕草を普段からよく観察して、尿意の感じている雰囲気を掴んでおくことが肝心です。

違う場所でした場合は現行犯で叱る

トイレを失敗した場合、その場所で愛犬の目を見て現行犯で叱ることは非常に効果的です。

その際に『コラ』や『ダメ』などのしつけ言葉を1つに統一して決めておきましょう。

トイレだけに限らず、悪い事をすればすぐに現行犯で叱ることが『しつけ』にはとても重要です。

 

失敗した場所は必ず消臭・除菌

犬は自分がおしっこ(マーキング)をした場所は臭いで覚えています。習性として同じ場所でしていまうので、臭いを完全に消す必要があります。

ペットショップやホームセンターで販売されているペット用消臭スプレーを使用しましょう。

除菌効果もあるので必ず使用することをおすすめします。

うちのぽん太が失敗した場合はこちらを使用していました。

 

 

成功したら褒める


トイレが成功したら愛情いっぱいに褒めてあげましょう。

ご褒美にクッキーやおやつを与えてあげると、嬉しくて『次も頑張ろう』と思ってくれるみたいで非常に効果的です。


ご褒美は低カロリーが条件です。うちの場合はクッキーを半分にして与えていました。

 

まとめ

  1. 掛け声をかける
  2. 消臭スプレー必須
  3. 失敗は現行犯で叱る
  4. 成功は愛情たっぷりに褒める

 

この4つを意識して過ごしていたらいつの間にか出来ていました。

あさポン
是非参考にしてみてください。


もしそれでも家の中で失敗する場合は、思い切って外でトイレを徹底させることもおすすめです。

【家の中でトイレをしない犬】~外トイレのメリットとデメリット~