【愛犬と海辺を散歩】~知っておきたい危険性~

あさポン
近くの海へ愛犬ポメラニアンのぽん太くんと散歩に行ってきました。
リコ
生命の源、海はやっぱりいいわね。

よくぽん太とは海辺を散歩するのですが、今回は『ワンコと海辺を散歩する際の危険性や注意点』をまとめてみました。

あーちゃん
海辺の散歩に注意点なんかあるの?

釣り人には近づかない

f:id:asapon-namber9:20191020224940j:image

最近の釣りブームで、老若男女や家族連れの方々が釣りを楽しんでいました。

ぽん太も楽しそうな雰囲気に誘われて釣り人達に近づこうとしますが、それは良くありません。

なぜ近づかない方がいいかと言うと2つ理由があり、一つ目の理由は釣りの邪魔になるからです。

釣り道具にワンコが興味をもってしまっても困りますし、吠えたりしたら魚が逃げてしまいます。

そしてもう一つの理由として釣り針が落ちていたら大変だからです。

踏みつけて怪我をしたり、誤って飲み込んでしまったらたいへん危険です。

海辺は釣り人がいなくても、落ちている物には注意が必要です。

リコ
確かにぽん太が吠えて魚が逃げたら迷惑ね。
あーちゃん
釣り針とか糸もけっこう落ちてるよね。

風が強い

f:id:asapon-namber9:20191020225044j:image

 

海辺は遮る物が無く、潮風が強いので海を満喫できますが、強い風はワンコのある行為の時にかなり不便さを感じます。

あさポン
それはトイレです。

ぽん太はおしっこが風で流されて自分にかけてしまうくらいのかなりドジです。

うんちの場合はもっと大変で、私はトイレットペーパーやビニール袋を使うのですが、風が強いと飛ばされそうになります。

リードを持ちながらだと尚更大変なので、離してしまわないよう注意が必要です。

なるべくうんちを済ませてから海辺の散歩に行くことをおすすめします。

リコ
人が多いところでは警戒して急いでうんちをするワンちゃんもいるみたいね。

ゴミが多い

 f:id:asapon-namber9:20191020230854j:image

砂浜は小さなゴミが流れてついていて危険です。

特にガラスの破片などが落ちていて、気づかないうちに肉球を傷つけてしまう可能性もあるので注意が必要。

また、プラスチックやたばこの吸い殻を誤飲しないように、目を光らせなければなりません。

人間が汚した海でワンコが怪我をするなんて絶対に許せません。

海だろうと道路だろうと、ゴミは絶対に捨てないでください。

あーちゃん
これ以上海を汚さないで。

まとめ

f:id:asapon-namber9:20190723072801j:image
リコ
ワンちゃんも人間も気分転換に海は最高ね。
あさポン
注意点に気をつけて、ぜひ愛犬や家族と海を堪能して下さい。