犬を飼うデメリット【飼った後に後悔しないために】

愛犬との生活
犬と一緒に暮らすとどんな不便があるのかな?
飼う前にちゃんと知っておきたいな。



\ その考えは非常に重要です /

 

あさポン
せっかく犬と暮らし始めたのに『こんなはずじゃなかった・・・』と後悔しないよう、犬と暮らすデメリットを説明します。

犬を飼うデメリット

4大デメリット

  1. 世話が大変
  2. 経済的負担
  3. 旅行に行きにくい
  4. いつか別れが来る


ポメラニアン(室内飼い)と暮らし始めて感じたデメリットは大きくこの4つでした。

あさポン
それぞれのデメリットを細かく説明します。

 

世話が大変

犬を飼ったことのない方の世話のイメージ

  • ごはんを与える
  • 散歩に行く
  • その他諸々


テレビやアニメの影響なのか、漠然とした曖昧な世話のイメージを持つ方がいますが、これは間違いです。

 

ごはんを与える

  • 何時に与える?
  • 体重維持は出来てる?
  • 栄養面に偏りはない?
  • ドッグフードは何gにする?

 

よくアニメで『朝ごはん忘れてたからお昼に山盛りのドッグフードを!』ってシーンがありますが、絶対にやってはいけません。


  理想的な食生活は愛犬の健康な身体を作り、寿命を延ばすきっかけになります。必ず細かくこだわってあげましょう。

 

散歩に行く

 

あさポン
愛犬と散歩って実はなかなか大変なんですよ?

 

飼い主に聞きました!
散歩に行きたくない時  TOP3

  • 1位 雨の日
  • 2位 日曜日
  • 3位 冬

散歩は愛犬にとって大きな楽しみの1つです。

飼い主の都合で『今日は散歩やめよう!』なんてことが出来ないんですよね。


  犬は太陽の光を浴びることで体内時計がリセットされるので、最低でも1日1回は外に出してあげましょう。

 

その他諸々


犬を飼った後に気付きがちな、想像以上に大変なお世話の数々。

  • しつけ
  • トイレ処理
  • ゲージや小屋の掃除
  • 月1、2回のシャンプー
  • 狂犬病や予防接種の注射
  • 定期的なトリミング(体毛、爪切り等)
  • etc


あさポン
愛犬と一緒に暮らすということは、愛犬の快適な生活を維持してあげる覚悟も必要です。

 

 

経済的負担

初期費用

  • 畜犬登録
  • 狂犬病予防接種や混合ワクチン
  • ゲージなどの最低限の必要グッズ

 

年間費用

  • 食費
  • 雑費
  • 健康診断
  • 予防接種
  • トリミング代
  • エアコン代(室内犬)

犬と暮らす上で必要最低限の出費項目です。


一般社団法人ペットフード協会による調査で2019年度『犬の生涯必要経費』は平均寿命14.44歳で2,004,139円でした。

 

 

旅行に行きにくい

旅行はもちろん、長時間の外出も難しくなるでしょう。

一緒に連れていける場所ならば可能ですが、それが難しい場合は1匹で留守番させるわけにもいかないので誰かに預かってもらう必要があります。

どこに預かってもらいますか?

約半数の家庭が『実家』に預かってもらい、続いてペットショップなどに預ける方が多いみたいです。

やはり知った方に預かってもらう方が安心感があっていいのですが、犬を一度も飼ったことがない場合は難しいかも入れませんね。


以前あるペットショップに3日預けた時、愛犬に小さな円形脱毛症ができていたことがあります。
愛犬にとって飼い主と離れて知らない場所で過ごすことは相当のストレスかもしれません。

 

いつか別れがくる

様々なデメリットをお話してきましたが、私が愛犬と暮らし始めて感じた1番のデメリットは『別れ』です。

日に日に増す愛情と比例して、別れへの恐怖も増加していきます。


ポメラニアンの平均寿命に関してはこちらを参考に

【知っておきたい】犬の平均寿命は〇〇年?〜ポメラニアン編〜


いつ別れがきても後悔のないように毎日を大切に過ごさなければなりません。

 

まとめ

4大デメリット

  1. 世話が大変
  2. 経済的負担
  3. 旅行に行きにくい
  4. いつか別れが来る


これらのデメリットを理解と覚悟した上で、愛犬との生活をスタートさせることをおすすめします。

 

あさポン
もちろんメリットはその何倍もありますよ。