【ぽん太のおすすめブログ紹介】 ~右肩上がりな生き方ブログ~

ブログを楽しむ
ぽん太
今回はカチャーシーさんのブログを紹介します。

カチャーシーさんは四捨五入で50歳という人生の先輩ブロガーさんで、元研究者で現在は薬剤師という異色の経歴の持ち主です。

子供の受験をきっかけにファイナンシャルプランナー2級技能士、AFP資格を取得し『右肩上がりの生き方ブログ』でお金に関する知識や、投資・副業・資格について情報発信しています。

いくつになっても『行動力』と『探求心』を忘れず、何事にもチャレンジ精神で体当たりしていく姿に、右肩上がりの生き方の本質に気付かせてくれます。

~右肩上がりな生き方ブログはこちら~

ぽん太
年を重ねるごとに『行動力』や『探求心』が薄れやすいよね。
リコ
あんた、まだ3歳よね?

右肩上がりとは

カチャーシーさんのいう右肩上がりとは?

  • 明日が待ち遠しくなる
  • やってみよう
  • 親しい人に教えてあげよう
  • カチャーシーと一緒に頑張ろう

つまり物事を前向きに考え、仲間と切磋琢磨して人生を素晴らしいものにしよう!と解釈しました。

現代社会でこのような思考で毎日を過ごしている人って限りなく少ないのではないでしょうか?

  • 明日仕事行きたくないなぁ
  • めんどくさいことはやりたくない
  • まずは自分が1番
  • カチャーシーとは距離を置こう

このように考えがちではないでしょうか?

リコ
カチャーシーとは距離を置こうはどうなの?
あさポン
ここが最大の右肩上がりの障害だったりするんやで。

カチャーシーさんのような人生を謳歌している人に対して、『自分には無理な考えだ』と諦めてしまう人がとても多いからです。だからカチャーシーさんの側にいると光と影が濃くなっているように感じてしまうので、光から距離を置きたくなるのです。

しかし、自分一人で右肩上がりな人生を手に入れることは困難です。カチャーシーさんのような方が周りにいる場合は自分から懐に飛び込んでいくことをお勧めします。いない場合は、自分がカチャーシーさんになって周囲を巻き込んでいきましょう。

ぽん太
僕は完全に光の役割だよね。
リコ
我が家という小さなコミュニティの中ではね。

女子力が高いカチャーシー

『右肩上がりの生き方ブログ』は会社に依存しない生き方を目指している方に副業や投資、お金にまつわる知識を情報発信するブログなのですが、記事の中で『美容』に関するものが、3分の1以上の割合を占めています。

プロフィールや経歴を見る限り、無意識に男性だと認識していたのですが、かなりのキャリアウーマンで主夫の方と結婚している方なのかも?と疑うほどになってしまいました。

例えばこちら『甘いもの好きにはカルノシンで美肌をキープ』という記事があるのですが、甘いもので劣化した皮膚をカルノシンが美肌に戻してくれるよ」という内容です。

あさポン
日常生活で「カルノシン」なんて聞いたことないで。
リコ
私は雑誌で何度か見たわよ。
補足説明

カルノシンとは特に鶏肉に多く含まれる成分で、疲労回復や運動能力の向上、アンチエイジングにも効果があると注目されています。そのほかにも、肌の老化防止に効果があると医学的にも証明された成分で、カルノシン成分の入った美容グッズも多く販売されています。

女性の中では有名なカルノシンですが、男性は美容に意識をしていないとなかなか目にしない成分だと思います。つまりカチャーシーさんは『右肩上がりな生き方は健康も大切』と教えてくれています。

『右肩上がりな生き方ブログ』は美と健康を意識する主婦の方にもおすすめブログですね。

ぽん太
カルノシンって美味しいよね。
リコ
あなたに鶏肉を与えたことは1度もないわ。

BREEZEの意味

カチャーシーさんのTwitter(@BREEZE3102)にも使っているBREEZEとは直訳すると『そよ風』ですが、その他に『いとも簡単にできること、楽勝、とても扱いやすいもの』という意味があります。

・That’s a breeze. : そんなの楽勝さ!

カチャーシーさんはこのブログを見た人が「ちょっと、やってみようかな?」と思ってもらえることを願っています。
このブログを見て少しでも行動する気力が出たら「BREEZE!」とつぶやきましょう。

ぽん太
BREEZE!!
リコ
あなたは一体何を行動するつもりなの?

最後に

この『右肩上がりな生き方ブログ』は副業や投資、健康や美容について事細かく書かれており、人生をいつまでもhappyに生きるためにはお金と健康は大切にしなければならないと実感させられました。

いつまでも前向きでポジティブな人生に興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

ぽん太
これで僕の人生も右肩上がりだね。
リコ
それは私たち次第よ。