【愛犬の日向ぼっこスペース】〜手軽にDIY〜

愛犬との生活

うちの愛犬ぽん太はポメラニアンなので一応室内犬です。

ですが、やはりたまには太陽の下で日向ぼっこさせてやりたいなぁと思うんです。

そこで簡単に作れる人工芝の愛犬用日向ぼっこスペースの作り方を紹介します。

あーちゃん
DIYなんてあんまりしたことないくせに。大丈夫なの?
あさポン
素人でも簡単に出来るくらい簡単なものにするよ。

出来上がりイメージ

f:id:asapon-namber9:20190629233144j:image

私の場合は玄関横が南向きで、ちょうど余っていたスペースがあったのでその場所に作りました。

素人が作ったので、見ただけで作り方の説明が要らないくらいシンプルです。

でもご近所さんからは評判もよかったし、ワンコ好きの配達の方も気に入ってもらえました。

あーちゃん
想像以上に素敵なスペースが出来たね。
あさポン
作り方を見たら驚くくらい簡単やで。

材料

  • 人工芝
  • すのこ
  • レンガ
  • 砂利

工具

  • 結束バンド
  • トンカチ

全てホームセンターで購入できるものばかりです。

愛犬が居心地がいいと感じてもらえるような肌触りのよい『人工芝』を選ぶのがポイント。

人工芝の長さや、柵、レンガの個数は『すのこ』を何枚買うかによって変わりますので、現地で調節しなければなりません。(写真はすのこ3枚です)

あさポン
柵やレンガ、砂利は好みで変えてOK!オリジナリティを出してアレンジしよう。

作り方

  1. すのこを並べて、結束バンドでずれないようにしっかりと連結します。
  2. 連結したすのこに人工芝をたるまない様に巻きつけます。釘を打ち込むので裏側まで引っ張りながら巻き付けましょう
  3. 裏から木が太い部分に釘で人工芝を打ち付けます。(ワンコが怪我しないようにしっかり打ち付けましょう。)
  4. リードを隅に打ち付けます(レンガなどを置いてワンコに釘などを直接触れられないようにしましょう)
  5. サイドからすのこの下が見えるのでレンガや砂利で隠します。
  6. お好みの柵を建てたら完成です。

注意点

野ざらしだとすぐに汚れるので使用しない際はブルーシートなどが覆う必要があります。

またワンコがトイレを芝生の上でしてしまうと臭いついてしまうので注意して下さい。

私も1回目に作ったスペースは野ざらしだったため、2週間くらいで臭いが発生してしまい取り壊しました。

衛生面を保つことが1番難しい(>_<)

あーちゃん
特にトイレを芝生でしてしまう、野良猫も寄ってきたりして大変だったよね。

まとめ

f:id:asapon-namber9:20190629234402j:image

実はぽん太くんはこのスペースに1匹で過ごすことが出来ません。

始めは物珍しそうにしてたんですが、1人でいるのが寂しいらしく途中からずっと鳴いてました。

リコ
家の中でみんなの周りを走り回るほうがいいみたい。
あさポン
でも日向ぼっこはワンコにとっても大切なので、ぜひ一緒に日光浴を楽しんでください。

スポンサーリンク